禁煙における5つのステップとは?






禁煙における5つのステップ


人が行動する際には、無関心期、関心期、準備期、実行期、維持期という5つのステップをたどります。

禁煙にたとえてそれぞれのステップを解説してみましょう。

まず、無関心期とは、「禁煙って、俺に言っているのか?」という、全く禁煙について考えていない、まさに、関心が無い時期です。

無関心期では、禁煙という単語が耳にひっかかるようなベースを作るようなメッセージが必要です。

次に、関心期とは、「タバコって、体に悪いとおもっているんだけど、止められないわ」と言いながら、一応、禁煙という単語が頭によぎっている時期です。

関心期では、喫煙の影響に加えて、禁煙することで得られる健康上のまたは、経済的なメリットや、世界的な潮流や現状など、興味をかき立てるような情報を伝えます。

さらに、準備期というのは、「そろそろタバコを止めないとだめだと思っている時期です。

子供が生まれるまでには、やめておいた方がいいかなぁ」と考え、禁煙に関する情報や、先輩の体験談を聞いたりして、自分自身が禁煙する準備に入る時期になります。

準備期では、本人自身が、禁煙に関する情報を収集しはじめていますので、禁煙に関する基本的な方法や理論をお伝えし、禁煙についてイメージを持てるような情報を伝えていきます。

その際に、実際の禁煙成功者のお話や、最終的には、禁煙実行の予定日などを決めていくようなサポートをしていきます。

そして、実行期というのは、「いよいよ7月1日から禁煙しました!」と、実際に禁煙を実行に移す時期をさします。

実行期には、離脱症状(いわゆる禁断症状)への対処法や、その時期に認められる種々の出来事について情報を伝え、禁煙がうまく離陸できるようにしていきます。

最後に、維持期というのは、タバコを吸わずに禁煙を維持できている状態のことです。

維持期には、再びタバコを手にすることが無いように、日常生活での細かい生活指導を含めてサポートしていきます。

通常、これらのステップは段階的に上っていき、また、場合によっては、何度か後戻りをします。

禁煙について言えば、準備期から実行期になったけど、また、タバコを吸い始めてしまって、「また、いつか、禁煙しなくちゃなぁ」という関心期にもどってしまうというものです。

posted by venus at 12:30 | 禁煙における5つのステップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。