禁煙治療が浸透しない訳とは?



たばこを止めたい人の多くは依然「気合」に頼り、禁煙治療の利用は低調という傾向があります。

実際に禁煙に取り組んだ人の57.8%が「気合と我慢」でした。

医療機関の受診は3.6%です。

また、禁煙の成功要因には、「意志の強さ」という人が7割で、「禁断症状に対するコントロール」という人は2.5割です。

ニコチン依存=病気 という認識はゼロです。

禁煙治療では、害が及ばない程度の量のニコチンを皮膚から取り入れるバッチなどの処方を保険適用で受けられます。

脱タバコには「意志」span>よりも「医師」の方がいいようです。
posted by venus at 12:28 | 禁煙治療が浸透しない訳とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。