受動禁煙

実態の点検


たばこの煙の健康被害は、吸う人はもちろんのこと、受動喫煙という形で、子供や高齢者、何らかの病気に悩んでいる人など、吸わない人にまで及びます。

たばこを吸う人も吸わない人も、いま一度、自分の周囲の環境を点検してみる必要があるかもしれません。


より多くの有害物質


喫煙者がフィルターを通して吸い込む煙のことを「主流煙」というのに対し、点火したたばこの先から放出される煙のことを「副主流煙」といいます。


また、副主流煙や、喫煙者が吐き出した煙を周囲の人が吸い込むことを「受動喫煙」といいます。


フィルターを通過した主流煙に比べ、不完全燃焼が多くフィルターも通っていない副流煙には、より多くの有害物質が含まれています。


このことは国内外の多くのデーターが示しており、例えばニコチンは3倍弱、一酸化炭素は5倍弱、アンモノアは約46倍も含まれているということです。


たばこの煙は、子供の喘息や気管支炎といった呼吸器の病気や、耳間を通して、中耳炎を引き起こす危険性があります。


また、乳幼児突然死症候群との関係も指摘されています。


妊娠中は、たばこをやめるお父さんやお母さんが増えていますが、出産すると喫煙を再開してしまうことが影響しているようです。


肺がんや心臓発作も


もちろん成人の体にも、受動喫煙はさまざまな影響を及ぼします。

肺がんや心臓発作により死亡のリスク(危険性)は、受動禁煙によって20〜30パーセント上昇します。


他の環境汚染物質であるアスベストやディーゼル排ガス、ダイオキシンと比べても、受動禁煙が50年程度続いた場合の人口10万人当たりの死亡者数は、十倍から三十倍以上にある、との試算もされています。


原因が重複したり、ほかの生活習慣や環境要因も重なったりするため、単純に比較するのが難しいのは事実です。


しかし、程度にもよりますが、受動禁煙が体に及ぼす悪影響は、決して小さく見ることはできません。


煙から7mは離れる

タバコの煙は一体、どのくらいの範囲まで届くのでしょう。


無風状態の屋外における実験によると、目、喉への刺激や頭痛といった急性の健康被害が発生する濃度の煙は、喫煙者の半径4m以内に、においと発ガン物質だけなら半径7mまで広がるといいます。


そう考えると、不特定多数の人が集まる場所においては、建物や敷地内は、完全禁煙にすることが理想です。


もし、禁煙場所を設けるとするならば、たばこを吸うために密閉された
空間が必要でしょう。


屋外に開放された場所に設ける場合、気流の影響を考えて、人が通る場所から7m以上、できれば十数mまで離れた場所に設置することが望まれます。


最近、ほとんどの飲食店で見られるような、吸う場所を仕切ってあるものの、煙が自由に出入できるような状態では、不十分だといわれています。


また家庭での工夫として、ベランダや玄関先に出て吸うように努めている人がいます。


その場合も、吸い終わってから3〜4分間は吐く息の中に大量の有害物質が含まれているので、十分な時間を過ごしてから入室するのが理想です。

換気扇の下での喫煙は、煙は室内に広がってしまい、思ったほど、効果は得られません。


正しい知識に基づいて


自分の体の健康は、まず自分で守るのが第一です。


たとえ子供や自分で吸わない人でも、同居する家族に喫煙者がいれば、当然その影響は大きく、数年後の健康にかかわってくる危険性があります。

一方、喫煙者は、自分の健康も含め、家族や周囲の受動禁煙について真剣に考え、話し合ってみることが大事です。


特に、家族の中で何か病気や症状をもった人がいる場合、その周辺を無煙環境にすることが思いやりといえるでしょう。


禁煙、ニコチン依存症は、再発しやすいものではりますが、繰り返し治療することにより必ず完治できます。


家庭や職場での受動喫煙について、正しい知識にもとづいて、いま一度点検してみましょう。
posted by venus at 16:25 | たばこの煙について考える
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。