たばこの煙について考える

たばこの煙による健康被害の報告は数多く、体への悪影響について、多くの人が認識するようになりました。

それは喫煙者本人にとどまらず、家族や周囲の人にも及びます。

それでもなお、やめられないのは、ニコチンの強い依存性によるものです。


たばこの煙には、約4000種類もの科学物質が含まれ、そのうち有害物質は約200種類、発ガン物質も数十種類あるといわれています。

主なものは次の通りです。

ニコチン
気道を刺激し血管収縮作用、依存性がある。


アンモニアニコチンの吸収を補助する作用がある。


一酸化炭素
ヘモグロビンと結合し、赤血球の酸素運搬能力を低下させる。


その他ベンツプレン、ダイオシキシン類、アルデヒド類などの発がん性が疑われる物質

これら有害物質を含んだ煙に直接さらされるのが呼吸器です。

喫煙と呼吸器疾患には、深い関連性があります。

中でも代表的なのが慢性閉塞性肺疾患です。慢性気管支炎と肺気腫という合併して起こしやすい二つの病気を合わせた呼び名です。


吸い込んだ空気の通り道である気管支は、内側の表面が、線毛という目に見えない細い運動性の毛で覆われています。

線毛には、空気と共に外部から進入しようとする異物を排出する働きがあります。

たばこの煙は、この線毛に障害を与えます。

すると気管支は、炎症を起こしやすくなり、たんを伴ったせきが出て、肺も感染症に侵されやすくなります。

一方、肺気腫は、肺の中のガス交換の場である、肺胞組織が破壊されて起こる病気です。

これも、主な原因は、たばこの煙です。

肺胞の数が減ってしまうと肺は弾力性を失い、その結果、酸素と二酸化炭素を交換する機能が低下します。

日常的な歩行でさえ、息切れがして、その苦しさは、あたかも”陸上でおぼれているようだ”といいます。

さらに病気が進行すると、常に酸素ボンベが必要な生活を強いられることもあります。


煙の成分は、血液に乗って全身をくまなく巡ります。

その結果、血管やさまざまな臓器にも多大な悪影響を及ぼします。

動脈硬化もその一つです。

動脈硬化は、脳卒中や心臓発作などを引き起こす危険性を格段に高めます。

厚生労働省の特定疾患(難病)に指定されている病気の一つ、ビュルガー病(バージャー病または閉塞性血栓血管炎ともいう)があります。

これは手足の細い血管に血栓が詰まってしまう病気です。

進行すると詰まった箇所から先へ血液が行き届かなくなり、やがて壊死して、手足の切断を余儀なくされてしまいます。

この病気の患者は、ほぼ100%喫煙者で、喫煙で悪化することが分かっています。

たばこの煙による直接、間接的な影響は、肺や食道をはじめ、さまざまながんの発症率にも表れ、これらは国内外の多くの統計によって裏づけられています。

特に、煙に直接さらされる口腔、咽頭、喉頭がんにおいては、患者のほとんどが喫煙者で占められています。

このほかの煙による影響として、声のしわがれも指摘されています。

また、目や口元周辺に、しわが深く刻まれ、肌の色が褐色がかった「スモーカーズフェース}と呼ばれる特有の表情を指摘する報告もあります。

このように、たばこの煙は、私たちの体に対して、重大な影響を及ぼし続けているという事実を忘れないでおきたいものです。
posted by venus at 12:10 | たばこの煙について考える
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。